活動状況

2023年2022年2021年2020年2019年2018年2017年2016年2015年

足立敏之参議院議員による講演・意見交換会

コロナ感染が終息かと思われた11月24日に南アフリカからオミクロン株の検出がWHOに報告され、その後世界に広がる兆しを見せつつある中、足立参議院議員による講演と意見交換会が(一社)建設コンサルタンツ協会本部にてテレビ会議により開催されました。


日時 令和3年12月15日 12:00~13:10
場所 (一社)建設コンサルタンツ協会 7階 会議室 TV会議
出席者 会議室出席者 16名
 足立議員、岡積秘書
  • 建コン協 8名
    野崎会長 重永副会長 酒井副会長 永冶、中村、新屋、花岡、新井常任理事
  • CE連盟 6名
    長谷川会長 大島本部顧問 松村幹事長 磯山会計責任者 松原会計担当者 和作本部幹事
リモート参加 35名
  • 建コン協25名(下線の4名はCE連盟と重複)
    吉津 佐藤 小田 田中常務理事 樋口常務理事 天羽 兼塚 木原 河村 菅原 寺本 保﨑理事 
    瀬古監事 川口 吉川(小谷氏の代理) 後藤 高橋 安田(田畑氏の代理) 富田(浦川氏の前任) 
    中野 濱田 土方 前田 山﨑 堤運営会議委員
  • CE連盟 10名
    松橋北海道支部長 稲田関東支部長 青木北陸支部長 渡邉中部支部長 寺尾近畿支部長 小田中国支部長 山﨑四国支部長 田中九州支部長 寺本監査役 木寺監査役
議事次第 議事進行 松村CE連盟幹事長
12時00分~12時23分 足立議員講演「国政報告」
12時23分~12時33分 質疑応答
12時33分~12時43分 建コン協及びCE連盟からの要望、写真撮影
12時43分~13時00分 建コン協及びCE連盟支部から4名の意見陳述
13時00分~13時10分 足立議員応答
足立 参議院議員の講演「国政報告」項目
公共投資の必要性 日本のインフラ整備の遅れ 令和3年の補正予算・令和4年予算岸田総理の所信表明(インフラ整備、防災・減災、国土強靭化推進)

質疑応答(12:23~12:33)
 谷川 CE連盟会長 当初予算に予め災害対策予算を
 野崎建コン協会長   設計技術者単価の10年連続UPを期待
 足立議員 事前防災対策が必要 10年連続UPに全力 建コン協が必要プロジェクト提言を

配布資料
1 建設産業の再生なくして、日本の再生なし(8頁)

2 足立としゆき夢だより(第193号 抜粋2頁)

3 岸田総理の公約・内閣の動き(2頁)

■建コン協及びCE連盟支部からの要望
建コン協からの要望(野崎 建コン協会長が説明)
 国土や経済の基盤をささえる公共投資の推進 魅力ある産業形成、担い手の確保・育成
CE連盟からの要望(長谷川 CE連盟会長が説明)
 令和4年度予算編成にあたっての要望 地域からの要望


■支部からの意見陳述と応答~要望項目
田中 建コン協九州支部長(建コン協常任理事、連盟九州支部長)
 更なる諸経費の引き上げ 企業投資に対応する助成金制度の創設
 要望背景:ハード・ソフト整備の経費莫大 中小企業、地域コンサルタントの投資難
川口 建コン協運営会議委員(元地域コンサルタント委員会委員長)
 テレワーク実施に障害の技術基準・指針等の電子化 著作権等の問題の解決
 地域コンサルタントにおけるDXの推進(BIM/CIM等)でのICT人材の確保・育成
 支援制度やサポートセンターの設置
松橋 CE連盟北海道支部長
 履行期限の平準化 DXの推進・働き方改革の在り方
小田 CE連盟中国支部長(建コン協常任理事、中国支部長)
 DXの推進へ地整にDX専門員の配置

陳述への足立議員応答
 DXの推進へ費用の捻出方法と相互連携 履行期限の平準化には関係者全体の平準化が必要


足立議員の講演(動画)

足立敏之参議院議員



  • 足立参議院議員(中央)による講演・意見交換会風景
    左側:建コン協幹部  右側:CE連盟幹部
     

  • 右:足立参議院議員 向こう右にモニター画面最前列
    左からCE連盟 松村幹事長 長谷川会長
    建コン協 野崎会長 重永副支部長

  • 左:野崎建コン協会長
    中央:足立議員 右:長谷川CE連盟会長

  • モニター画面
    ~全国からリモート参加の方々





建コン協及びCE連盟から足立敏之参議院議員への要望書提出

日時 令和3年12月15日(水) 12:33~13:43
場所 (一社)建設コンサルタンツ協会 7階 会議室

12月15日(水)開催の佐藤参議院議員による講演会と意見交換会の中で、(一社)建設コンサルタンツ協会及びコンサルティングエンジニア連盟から佐藤議員へ要望書を提出しました。

野崎 建コン協会長

要望は大きく2点あります。1つは国土や経済の基盤をささえる公共投資の推進に向けてですが、国土強靭化等公共事業を大型経済対策の一つの柱として位置付けて、5か年加速化対策の着実な推進と、令和4年度公共事業予算の大幅確保です。それと設計ストックが必要です。設計ストックがあって工事を進めていくという循環が必要だと思います。
一方で、魅力ある産業形成、担い手の確保・育成も重要で、技術力による選定の推進ですが、特に自治体において推進をお願いします。先ほどもお話がありましたが是非10年連続の設計技術者単価のアップをお願いします。働き方改革では就労環境をどう変えていくかも大きな課題です。最後7点目は生産性向上でDX環境の費用面での整備促進を要望します。


長谷川 CE連盟会長

CE連盟は、今年から単独で要望書を提出させていただいております。CE連盟は建設コンサルタンツ協会を母体としており、建設コンサルタント業が魅力的な産業になること、CEの社会的経済的地位向上の実現を目指して、建コン協と連携して活動しております。
要望は、ここに防災・減災、インフラ整備、国土強靭化の推進と予算増大以下6項目掲げています。併せてCE連盟では、地方からの要望としてここに6項目掲げていますが、コロナ禍によって働き方改革などにおいていろいろな課題が出てきております。後ほど支部から地方コンサルタントについての具体的な要望を述べてもらいます。


  • 足立敏之参議院議員と野崎建コン協会長

  • 足立敏之参議院議員と長谷川CE連盟会長




佐藤信秋参議院議員による講演・意見交換会

コロナ感染が終息の兆しを見せる中、佐藤参議院議員による講演会と意見交換会が(一社)建設コンサルタンツ協会本部にてテレビ会議により開催されました。


日時 令和3年10月27日 11:30~13:15
場所 (一社)建設コンサルタンツ協会 7階 会議室 TV会議
出席者 会議室出席者 14名
 佐藤議員、富山秘書
  • 建コン協 6名
    野崎会長 重永副会長 酒井副会長 中村、新屋、新井常任理事
  • CE連盟 6名
    長谷川会長 大島本部顧問 松村幹事長 磯山会計責任者 松原会計担当者 和作本部幹事
リモート参加 33名
  • 建コン協23名(下線の4名はCE連盟と重複)
    佐藤,上田,小田,田中 常務理事 天羽,兼塚,木原,菅原,寺本,保﨑 理事 瀬古監事
    大平,川口,小谷,後藤,高橋,田畑,浦川(前任富田),中野,前田,山﨑,堤 運営会議委員
  • CE連盟 10名
    松橋北海道支部長 遠藤東北支部長 稲田関東支部長 青木北陸支部長 渡邉中部支部長  小田中国支部長  山﨑四国支部長 田中九州支部長  寺本監査役  木寺監査役
議事次第 議事進行 松村CE連盟幹事長
11時30分~12時35分 佐藤議員講演「国政報告」と質疑応答
12時35分~12時40分 建コン協野崎会長、CE連盟長谷川会長からの要望書説明
12時40分~13時00分 建コン協及びCE連盟支部から4名の意見陳述
13時00分~13時05分 佐藤議員、建コン協・CE連盟会長写真撮影
13時05分~13時15分 建コン協・CE連盟本部からのお願い
佐藤 参議院議員の講演「成長と分配」項目(11:30~12:20)
 本音での議論の必要性 品確法改正で岸田総理が幹事長・菅前総理が事務局長
 5か年加速化計画 建設コンサルタントの売上高営業利益率の推移 設計労務単価の推移
 従業員賃金の推移
長谷川 CE連盟会長からの質問事項
 衆院選の行方 岸田総理のインフラへの理解度合い

配布資料
 1.事業量の確保・成長の推進(国土強靭化・5か年加速化対策)
 2.質の改善・新3Kに向けて分配の充実(売上高営業利益率
 3.設計労務単価
 4.従業員賃金の上昇  

■要望書説明(詳しくは、CE連盟HP冒頭の「最新情報」「活動報告」参照)
建コン協からの要望(野崎 建コン協会長が説明)
 国土や経済の基盤をささえる公共投資の推進 魅力ある産業形成、担い手の確保・育成
CE連盟からの要望(長谷川 CE連盟会長が説明)
 令和4年度予算編成にあたっての要望 地域からの要望

■4名の意見陳述~要望項目
田中 建コン協九州支部長(建コン協常任理事、連盟九州支部長)
 更なる諸経費の引き上げ 企業投資に対応する助成金制度の創設
 要望背景:ハード・ソフト整備の経費莫大 中小企業、地域コンサルタントの投資難
川口 建コン協運営会議委員(元地域コンサルタント委員会委員長)
 テレワーク実施に障害の技術基準・指針等の電子化 著作権等の問題の解決
 地域コンサルタントにおけるDXの推進(BIM/CIM等)でのICT人材の確保・育成
 サポートセンターの設置
松橋 CE連盟北海道支部長
 加速化対策の着実な推進 地域コンサルタントの担い手の確保・支援
 地方経済の活性化に資するローカル・イノベーションの推進
小田 CE連盟中国支部長(建コン協常任理事、中国支部長)
 DXの推進には地整にDX専門員の養成 DX推進へネットワーク設備の強化・経費の計上

■建コン協・CE連盟本部からのお願い
・足立敏之「国政セミナー」(12月6日(月)午後5時~東京有楽町よみうりホール)開催予定
・足立議員への応援に下記のお願い
 各社の推薦状 ポスター提示・リーフレット配布 千社札の活用 集会への足立先生の招請
 建設ゆめクラブへの加入
・足立議員との意見交換会12月15日(水)12時~13時の開催予定
・「連盟への入会促進のポスター、リーフレット」の社内掲示・配布依頼。連盟の準会員制度創設

佐藤議員の講演(動画)

佐藤信秋参議院議員



  • 佐藤参議院議員(中央)による講演・意見交換会風景
    左側:建コン協幹部  右側:CE連盟幹部
     
     
     

  • 左:佐藤参議院議員 正面:富山秘書
    右から建コン協 重永副支部長 野崎会長
    CE連盟 長谷川会長 松村幹事長
    野崎会長の上方 磯山CE連盟会計責任者
    重永副会長の上方 大島CE連盟本部顧問

  • 左:野崎建コン協会長 中央:佐藤議員
    右:長谷川CE連盟会長
     

  • 小田建コン協・CE連盟中国支部長(モニター)
    の意見陳述を聞く 佐藤議員(右側正面)、
    建コン協幹部(左側6名)CE連盟幹部(右側6名)





建コン協及びCE連盟から佐藤信秋参議院議員への要望書提出

日時 令和3年10月27日(水) 13:00~13:05
場所 (一社)建設コンサルタンツ協会 7階 会議室

10月27日(水)開催の佐藤参議院議員による講演会と意見交換会の中で、(一社)建設コンサルタンツ協会及びコンサルティングエンジニア連盟から佐藤議員へ要望書を提出しました。

野崎 建コン協会長 建コン協からの要望

本日は選挙で御多用の中、貴重なお話を頂き有難うございます。品確法、地位の向上、設計者単価のアップ等先生のご尽力に御礼申し上げます。我々の安定経営や将来の投資へ向けて、単価アップは重要で、地位向上はもっと重要であり、先生のご尽力に重ねて感謝いたします。 要望は大きく2点あります。1つは国土や経済の基盤をささえる公共投資の推進に向けてですが、国土強靭化等公共事業を大型経済対策の一つの柱として位置付けて、5か年加速化対策の着実な推進と、令和4年度公共事業予算の大幅確保、それと中長期計画に基づいた設計ストックの安定的確保を要望します。 もう1点は、魅力ある産業形成、担い手の確保・育成に向けてですが、技術力による選定の推進ですが、特に自治体において推進をお願いします。それから9年連続で設計技術者単価の引き上げをしていただきましたが、是非10年連続の単価アップをお願いします。それと、納期の平準化、DX環境の整備促進を要望します。 以上のほか、1点、調査基準価格が現在80%くらいですが、90%にできる知恵もあるように聞きますので、ぜひ私共に教えていただきたい。また、地方については、後ほどDX推進に関連して諸経費を上げる根拠と共に支部の方から要望がありますので、ぜひお聞きください。

長谷川 CE連盟会長 CE連盟からの要望

コンサルティングエンジニア連盟は、建設コンサルタントの個人が会員となっており、考え方は基本的に建コン協と同じ方向です。建設コンサルタント業が魅力的な産業にならないとCE連盟の活動もうまくいかなくなります。CE連盟は、母体となる建設コンサルタントの健全経営の維持継続を第一に考えており、是非令和4年の当初予算の確保と国土強靭化5か年加速化対策の確実な推進の2点をお願いします。この2点の推進によって、コンサルティングエンジニアの社会的経済的地位の向上が実現できると思っております。 令和4年度の予算編成については、ここに6項目掲げています。予算確保のほか、設計者単価の引き上げ、働き方改革(特にデジタル化、DX展開、オンライン・テレワークの整備推進)、諸経費の引き上げ、助成制度、それから業界の存在・取組みへの国民の理解増進です。 地域からの要望では、予算確保、BIM/CIM推進の支援、中小企業の担い手育成・確保のための助成金制度を要望します。後ほど支部から地方コンサルタントについて要望します。 また、我々は、直接地方からの声が先生に伝わって、それが国会で議論されると会員増加につながってよいことだと考えております。先生の講演のビデオについて了解を得て連盟のホームページで公開したいと思っていますのでよろしくお願いします。


  • 佐藤信秋参議院議員と野崎建コン協会長

  • 佐藤信秋参議院議員と長谷川CE連盟会長




コンサルティングエンジニア連盟 令和3年第2回役員会開催報告

コロナウィルス感染症がなかなか終息しないなか、第2回の役員会を、昨年と同じく設備が整っている建設コンサルタンツ協会の会議室をお借りして、テレビ会議により開催しました。


日時 令和3年9月29日(水)15:10~17:20
場所 (一社)建設コンサルタンツ協会本部7階 第三会議室
出席者 建コン協第三会議室
    長谷川会長 大島本部顧問 松村幹事長 磯山会計責任者
    松原会計責任者職務代行   和作本部幹事
リモート出席
  • 支部長
    松橋(北海道) 遠藤(東北) 稲田(関東) 青木(北陸) 渡邉(中部) 寺尾(近畿) 
    小田(中国) 山﨑(四国) 田中(九州)
  • 監査役
    寺本 木寺
主な議題 会員状況、令和3年本部・支部活動報告、準会員制度と若手(女性)向け入会促進リーフレット 連盟活動の活性化と建コン協との連携 令和3年意見交換会、年末(年始)の支部新年会等での連盟アピール、第21回(令和4年)連盟総会 令和4年第2回役員会の開催予定
要旨 ・会員数・口数が令和3年の目標達成
・本部活動(入会依頼5~6回、会長から国会質疑について独自の読み解きを発信)
・準会員制度の創設を決議、入会促進リーフレットの内容と配布方法について更に検討要
・連盟活動の活性化と建コン協との連携(組織拡大の過渡期ゆえ他団体との連携方法や法律がらみなど今後検討要)
・支部の活動報告(目標達成状況、若い会員増の方法、支部意見の要望・集約と両議員への要望、
 来年の参院選へ向け足立議員の招請方法など)
・令和3年意見交換会の開催方法と両議員への要望(10月27日(水) リモート開催)
・年末(年始)の支部新年会等での連盟アピールへの本部支援(必要2、他は不明・開催難)
・第21回(令和4年)連盟総会(2月15日(火) 開催場所はコロナ禍の状況次第)
・令和3年第2回役員会(5月18日(水)参院選の年のため例年9月開催を前倒し)

  • テレビ会議連盟本部出席者(建コン協本部にて)
    前列左から大島本部顧問、長谷川会長、松村幹事長、
    後列左から和作本部幹事、磯山会計責任者、松原会計担当

  • テレビ会議のモニター画面に9支部長、2監査役
     
     




佐藤信秋参議院議員と林幹雄衆議院議員が建コン協にご挨拶に来られました。

日時 2021年9月15日(水)14時半から10分程度
場所 (一社)建設コンサルタンツ協会本部7階会議室

佐藤信秋参議院議員と林幹雄衆議院議員が建コン協にご挨拶に来られ、同席していましたコンサルティングエンジニア連盟の関係者にもご挨拶をいただきました。
■主な内容
 国土強靭化(事業量の確保、質の改善など)
■資料



足立敏之参議院議員と岸田文雄衆議院議員が建コン協を来訪されました。

日時 2021年9月8日(水)
場所 (一社)建設コンサルタンツ協会本部8階応接室

足立敏之参議院議員と岸田文雄衆議院議員が建コン協本部を来訪され、同席していましたコンサルティングエンジニア連盟の関係者にもご挨拶をいただきました。
■主な内容
 インフラ整備(コロナ後の日本経済、国土強靭化、予算確保、技術者単価など)
■資料



足立敏之議員に参議院選挙の候補者として推薦状を手交しました。

日時 令和3年4月28日(金) 15:00~
場所 (一社)建設コンサルタンツ協会 会議室

足立敏之議員をお招きして、長谷川会長および建設コンサルタンツ協会高野会長から、それぞれ来年7月に予定されている参議院選挙(比例代表)の職域代表候補者として推薦状を手交しました。


  • 左から:
    野崎建コン協副会長、高野建コン協会長、足立参議院議員、
    長谷川連盟会長、大島連盟本部顧問


令和3年(第20回)通常総会

日時 令和3年2月16日(火)10:30~11:00
場所 建設コンサルタンツ協会 7階 会議室(テレビ会議)
会長挨拶
議事次第 決議事項 報告事項
■総会報告

平成31年(第18回)通常総会の報告において初めて「コンサルティングエンジニア連盟年次報告書」を発刊し、この度その第3号をコロナ禍の中、建コン協会議室に、及び、全国からリモートにてご出席された連盟会員の方々に配布させて頂きました。参加できなかった会員の皆様には総会資料一式を郵送しております。年次報告書の内容は次の構成となっています。

Ⅰ 年次活動報告
Ⅱ 令和3年(第20回)コンサルティングエンジニア連盟通常総会
  付属資料
  連盟会員名簿(令和2年)


  • 連盟通常総会風景(前方に連盟役員4名)
     
     

  • 連盟通常総会風景(前2列に建コン協役員8名)
    最前列左から永冶常任理事、野崎副会長、
    高野会長、酒井副会長

  • 連盟4者(左から松村幹事長、大島会長、
    長谷川本部顧問、磯山会計責任者)

  • 大島会長による開会挨拶
     

  • リモート出席(建コン協3名 連盟13名)
     
     

  • 左から:大島前連盟会長、長谷川連盟会長、
    足立参議院議員、佐藤参議院議員、
    高野建設コンサルタンツ協会会長

令和3年 第1回 時局講演会

日時 令和3年2月16日(火)11:00~12:20
場所 建設コンサルタンツ協会 7階 会議室(テレビ会議)

総会終了後、佐藤信秋参議院議員、足立敏之参議院議員により、公共事業に係る最近の課題などについてのご講演が行われました。

■コンサルティングエンジニア連盟のみなさまへ
■時局講演
足立敏之参議院議員による講演 11:00~11:30
講演テーマ:品確議連総会開催と13団体の要望、技術者単価、5か年加速化対策、デジタル化
資料:

  • 足立敏之参議院議員による講演風景

  • 連リモート出席者の画面(左上)と足立議員

  • 質問する長谷川連盟会長と高野建コン協会長

足立議員の講演(動画)と要旨



佐藤信秋参議院議員による講演 11:35~12:20
講演テーマ:品確議連総会開催と13団体の要望、技術者単価、平準化率、国土強靭化
資料:

  • 佐藤信秋参議院議員による講演風景

  • ご挨拶される佐藤議員

佐藤議員の講演(動画)と要旨



コンサルティングエンジニア連盟 令和3年第1回役員会開催報告

連盟通常総会、時局講演会に引き続いて午後に令和3年第1回の役員会が、テレビ会議により開催されました。


日時 令和3年2月16日(火)13:00~15:00
場所 (一社)建設コンサルタンツ協会 7階 会議室
出席者 会議室
    長谷川会長 松村幹事長 磯山会計責任者 大島本部顧問 松原会計担当者 和作本部幹事
リモート出席
  • 支部長
    棚橋(北海道) 遠藤(東北) 稲田(関東) 青木(北陸) 渡邉(中部) 寺尾(近畿)  小田(中国) 山﨑(四国) 田中(九州)
  • 監査役
    寺本 木寺
主な議題 会員加入状況、令和2年本部・支部活動報告、令和2年意見交換会、年末(年始)の支部新年会等での連盟アピール、第20回(令和3年)連盟総会
要旨 ・議長・新会長に長谷川氏を選出 新会長及び遠藤新東北支部長がご挨拶
・令和2年末の会員状況及び令和3年目標
 (令和3年目標会員数2,500名口数3,800口 会員増強重点支部を昨年に引き続き関東支部に決定)
・令和3年連盟活動方針と支部の活動報告・活動方針
・第2回時局講演会・意見交換会の開催(本部開催予定)
・連盟単独で公共工事品質確保に関する議員連盟へ要望書を2月15日に提出
 (13団体の要望を議員連盟が3つにまとめ翌日に国交大臣へ提出)
・足立議員事務所からWEB会議等による連盟等会議への参加依頼

  • 役員会風景(建コン協7階)
    向こう側にリモート出席者の画面

  • リモート出席者 9支部長、2監査役
     

  • 役員会風景:前列左から大島本部顧問、
    長谷川会長、松村幹事長

  • 長谷川会長の挨拶
     




公共工事品質確保に関する議員連盟総会(第11回)において連盟単独で要望書を提出しました!

日時 令和3年2月15日(月) 17:00~18:00
場所 参議院議員会館講堂

2月15日に参議院議員会館講堂において開催された品確議連総会に建設コンサルタンツ協会の幹部と共に、大島会長、長谷川本部顧問、松村幹事長の3名が出席しました。 総会には、根本匠品確議連会長、野田毅最高顧問、岸田文雄顧問、佐藤信秋議員(司会)、足立敏之議員を始め、たくさんの議員が出席されました。
席上、建設関係13団体(建コン協、全地連、全測連、エンジニア連盟、他)から要望を提出しましたが、今回連盟は設立以来初めて単独で要望書を提出することが認められました。

この要望書は翌2月16日に根本品確議連会長、野田最高顧問、佐藤幹事長、足立議員らともに赤羽国土交通大臣のもとに届けられ、その結果、2月19日の技術者単価の引上げ公表そして令和3年3月からの運用が実現しております。

連盟会員各位の声を国会議員をはじめ国道交通大臣まで直接届けることができました。

  • 公共工事品質確保に関する議員連盟総会の
    開催風景(参議院議員会館講堂)

  • 前方右:佐藤信秋 参議院議員(司会)
    左:足立敏之 参議院議員




ページトップへ